訪問介護ならケアサービスあうわ 介護、福祉に関する用語集 > 高齢者福祉に関する用語集 > サ行 - 1

介護、福祉に関する用語集

高齢者福祉に関する用語集

サ行


サクセスフル・エイジング
サクセスフル・エイジングとは、年齢とともに、老いてくいくことを認識しつつ、これを受け入れながら社会生活にうまく適応して豊な老後を迎えていること。
シェルタード・ハウジング
シェルタード・ハウジングとは、高齢者向けの小規模集合住宅です。イギリスでは1950年代から建設が始まって、高齢者が安心して生活できるように建築面でいろいろな配慮や工夫がなされています。福祉面でも奸りんが常駐して住民の日常生活をサポートするほか、緊急通報システムが設置されており、万一の場合にも対応できるようになっています。日本でもこれをモデルにした高齢者向けの住宅が次々と建設されています。
シルバー人材センター
シルバー人材センターとは、高齢者雇用安定法に基づいて設置された都道府県シルバー人材センター連合の、市区町村の活動拠点です。60歳以上の健康で働く意欲のある高齢者が会員になり、地域の公共団体や民間企業、家庭などから仕事を引き受けて働くことを通して社会に参加することを目的としています。希望に応じて短期的または補助的な仕事を中心にできることも特徴です。働いた仕事に応じて配分金を支払われます。入会は住んでいる地域のシルバー人材センターに申し込みをします。
シルバー産業
シルバー産業とは、シルバービジネス、老人産業とも呼ばれていて、国や地方自治体などの公的機関が対応できない福祉サービスを、民間企業が行なう営利事業のことです。そのおもな事業には、有料老人ホーム運営、訪問介護や訪問入浴介護などの在宅介護サービス事業、介護・福祉用具の販売、在宅配食サービス事業、財テク・保険などの金融商品の販売などがあり、幅広い分野でシルバービジネスは展開されています。
シルバーサービスガイドライン
シルバーサービスガイドラインとは、民間企業がシルバーサービスを行なうにあたって、その事業者が守らなければならないサービスの基準のこと。内容によって、在宅介護サービスガイドライン、短期入所生活介護事業指針などが、それぞれ定められています。
シルバーハウジング
シルバーハウジングとは、60歳以上の単身者、60歳以上の夫婦世帯、障害者単身世帯、障害者とその配偶者を対象にした、ケア付きの公的賃貸住宅のことです。生活援助員(ライフサポートアドバイザー)が入居者の日常生活の指導、相談、安否確認、緊急時の対応など行ないます。バリアフリー設計、緊急通報システムの設置など、高齢者が地域で安心して生活できる住宅づくりをめざし昭和62年から建築が始まりました。
シルバー110番
シルバー110番とは、高齢者や、その家族の精神的や肉体的などの悩みなどに対応する機関です。正式名称は、「高齢者総合相談センター」といいます。各都道府県に1ヶ所設置されています。電話相談、面接相談、関連情報提供などを行なっています。
シルバーサービス
シルバーサービスとは、民間企業が高齢者に提供する各種サービスのことです。おもなサービスには、有料老人ホーム、ホームヘルプサービス、入浴サービス、介護福祉用具や機器の販売・レンタル、各種の教養講座、旅行などがあります。
ショートステイ
ショートステイとは、特別養護老人ホームや、老人福祉施設が、自宅等で家族が介護している寝たきりや認知症の高齢者対象に、数日から数週間預かり、家族に代わって介護するサービスです。(数ヶ月に及ぶようなときは、ミドルステイと呼ばれています。)

  • まずはお気軽にご相談下さい
  • スタッフの声
  • 求人のご案内
  • メールフォーム

ページトップへ