訪問介護ならケアサービスあうわ 介護、福祉に関する用語集 > 障害者福祉に関する用語集 > タ行 - 1

介護、福祉に関する用語集

障害者福祉に関する用語集

タ行


地域リハビリテーション
地域リハビリテーションとは、障害者や高齢者が、病院や専門施設ではなく、住み慣れた地域で一生安全に、生き生きした生活がおくれるように、リハビリテーションの立場から、地域住民や機関・組織が協力し合って行う行動。地域リハビリテーションの目的は、障害者などの身体能力・生活能力の維持・向上を図りながら社会参加を促進させることです。断続的に提供できる支援システムを地域につくるとともに、国や都道府県、2次保健医療福祉圏域、市町村などが役割分担をして、地域リハビリテーション支援体制を早急に整える必要があります。
地域リハビリテーション推進事業
地域リハビリテーション推進事業とは、地域リハビリテーションに関連する機関を統合し、一体化したサービスを提供するために、都道府県が主体となって行う事業です。おもな内容は、都道府県リハビリテーション協議会を頂点とした地域リハビリテーション支援体制の整備、地域におけるリハビリテーションに関する調整・相談・指導などを行うための調整員の養成、市町村が在宅脳卒中患者に対し適切な保健福祉サービスを提供するための脳卒中情報システム事業などです。
地域利用施設
地域利用施設とは、補装具製作施設、視聴覚障害者情報提供施設、知的障害者福祉ホームなどがあり、障害者の居住地に近い地域で、デイケアやレクリエーション、文化的活動などを行う施設の総称です。
知的障害者更生施設
知的障害者更生施設とは、知的障害者福祉法で定める知的障害者援護施設のひとつで、18歳以上の知的障害者入所または通所させて保護します。それとともに、更生に必要な訓練、指導を行う施設です。施設には医師、看護師、生活支援員などが配置されています。
知的障害者更生相談所
知的障害者更生相談所とは知的障害者福祉法に基づき、都道府県、指定都市に設置されている機関です。知的障害者に関する諸問題の相談に応じるほか、18歳以上の知的障害者の医学的、心理的、職能的な判定と指導などを行います。
知的障害者自活訓練事業
知的障害者援護施設に入所しているもののうち、地域社会において就労、自立が期待できる知的障害者を対象に、自活に必要な基本的生活の知識、技能を6ヶ月間にわたって個別に指導、訓練を行う事業です。
知的障害者授産施設
知的障害者授産施設とは、知的障害者福祉法で定める知的障害者援護施設のひとつです。18歳以上の知的障害者で、一般雇用が困難な者を入所させて、自立に必要な日常生活の訓練を行うとともに、職業を与えて自活を支援することを目的としています。施設は入所者(利用者)の定員によって、小規模授産施設(10名以上)、通所授産施設(20名以上)、その他の授産施設(30名以上)に分かれます。施設での授産活動に対しては工賃が支払われます。
知的障害者生活支援事業
知的障害者生活支援事業とは、知的障害者の地域生活の安定、福祉の増進を図るため知的障害者生活支援センターを設置し、地域で生活する知的障害者からの日常生活上及び、金銭などの各種相談に応じるとともに、必要なアドバイスなどを行う事業です。支援の対象となる知的障害者は、原則的に就労しており、アパートやマンション、知的障害者福祉ホームなどで生活している者となっています。
知的障害者生活支援センター
知的障害者生活支援センターとは、知的障害者通勤寮、知的障害者更生施設、知的障害者授産施設に設置さている、知的障害者生活支援事業の中核機関です。

  • まずはお気軽にご相談下さい
  • スタッフの声
  • 求人のご案内
  • メールフォーム

ページトップへ