訪問介護ならケアサービスあうわ 介護、福祉に関する用語集 > 障害者福祉に関する用語集 > ラ行 - 1

介護、福祉に関する用語集

障害者福祉に関する用語集

ラ行


ROM
ROMとは、Range of motionの略で、関節可動域という意味。
身体に障害を負い、また寝たきりになると、どうしても関節の動く範囲が狭くなり、関節可動域(ROM)が制限されてしまいます。おもな原因は、筋の拘縮や、骨の病変、運動不足などにあります。(また、外傷や筋の麻痺などで二次的に起こる場合もあります。)
ROM訓練
ROM訓練とは、関節可動域の維持および増大が目的の、他動的ROM訓練(ROM訓練の原則)と、筋力の増強等を目的とした、自動介助的ROM訓練の二つに分があります。
(自動介護的ROM訓練の方は、自分の力で行なう自動訓練と、療法士や機械を使って行なう他動訓練があります。)
ROM検査
ROM検査とは、肩、肘、股、膝など体の各関節について、無理なく動かせる範囲を調べることです。解剖学的な基本肢位をお0度として、動かすことのできる方向と角度で現します。自分で動かせる範囲と、介助者など他人が動かせる範囲は、それぞれ別に判定します。ただし、年齢や、肥満の程度などによって個人差があります。
理学療法
理学治療法とは運動することで身体機能を維持、改善しようとする治療法Physical therapy、「PT」と略されます。身体障害者に対し、おもにその基本的動作能力の回復を図るために、運動療法や、物理療法などをおこなうものです。おもな運動療法には、関節可動域訓練、筋力増強運動、持久力運動、歩行訓練、呼吸訓練、応用動作訓練などがあります。また、物理療法には、温熱療法、水治療法、電気治療、マッサージなどがある。現在では運動治療法が中心になっています。
理学療法士
理学療法士とは、高齢者や障害者の運動機能維持や改善をはかり、生活の再建を援助する専門の人をいいます。国家試験に合格して、医師の指示のもとに理学療法を行う専門職です。身体障害者に運動療法や物理療法を行うことによって、障害の軽減や身体機能の回復を図ります。また、ADL訓練のうち、おもに歩行や車椅子動作といった基本的な部分を担当します。従来は病院の訓練室で筋力増強訓練や歩行訓練を行って身体機能の改善をはかっていましたが、現代では食事、排泄、入浴、外出といった生活の場での役割が求められるようになっています。
リハビリテーション
リハビリと略されることがあります。障害者の自立とを目指して行われます。専門的・総合的な援助。リハビリテーションの目的は、障害者の能力を最大限に引き出してADL(日常生活動作)の拡大・自立を図り、QOL(生活の質)の向上をもたらすこと。
心身機能の回復と能力向上をはかるリハビリテーション医学、復職や雇用に向けた能力向上を図る職業リハビリテーション、社会生活の能力向上を図る社会的リハビリテーションや、地域リハビリテーション、障害児の能力向上を図る教育的リハビリテーションなどに分かれます。
リハビリテーション・カウンセラー
リハビリテーション・カウンセラーとは、リハビリテーションの過程において、カウンセリングを通して、対象者に心理的な援助を行なうもの。業務内容は様々ですが、おもに適応指導や心理評価と判定、リハビリテーションへの動機づけとその強化などを行ないます。
リハビリテーション・カンファレンス
リハビリテーション・カンファレンスとは、対象者に的確な援助を行なうために、担当チームの専門職が一堂に会して、検討する会議。対象者のリハビリテーション・プログラムや処遇方法について、様々な立場から意見や情報を出し合い、援助の方向性を決めていきます。
リハビリテーション・サービス
リハビリテーション・サービスとは、障害者の自立と社会参加の実現を目指して構築された、総合的なリハビリテーションのシステムです。地域の支援や自治体の事業、国の政策などを有機的に働かせて、総合的・系統的な援助を行なうもの。大きく福祉的サービスと環境的資源とに分けられ、福祉的サービスはリハビリテーションに関する制度、福祉用具、専門的技術、近隣住民の協力などを目指し、環境的資源は医療施設や教育施設、文化施設など、サービスを行なうときに活用する施設を目指します。

  • まずはお気軽にご相談下さい
  • スタッフの声
  • 求人のご案内
  • メールフォーム

ページトップへ