訪問介護ならケアサービスあうわ 介護、福祉に関する用語集 > 障害者福祉に関する用語集 > ナ行 - 1

介護、福祉に関する用語集

障害者福祉に関する用語集

ナ行


内部障害
内部障害とは、内臓の機能障害をいいます。身体障害者福祉法で規定する身体障害の一種で、同法では内部障害を、「心臓、腎臓、呼吸器、膀胱、直腸、小腸の機能障害とヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能障害で、永続し、かつ、日常生活が著しい制限を受ける程度であると認められるもの」と規定しています。
内部障害者更生施設
内部障害更生施設とは、身体障害者福祉法で定める身体障害者更生援護施設のひとつで、内部障害者を入所対象者とした施設です。施設では更生に必要な治療、指導、訓練を行います。入所期間は1年間としています。
難病患者等居宅生活支援事業
難病患者等居宅生活支援事業とは、難病患者に介護サービスを提供するなど、その日常生活を支援して、自立と社会参加を促す取り組みです。これまで難病患者は障害者として位置づけられていませんでしたが、この事業を通してホームヘルプサービスや難病患者等短期入所事業、難病患者等日常生活用具給付事業などが実施されるようになりました。
日常障害者協議会
日常障害者協議回とは、1980年(昭和55年)に設立された国際障害者年日本推進協議会が母体で、1994年に国連・障害者の十年が終了したのを機会に、日本障害者協議会と名称を変更しました。各種の障害者団体のワクを超えた連合組織として障害者福祉活動を全国で展開しています。
日常生活用具給付等事業
日常生活用具給付等事業とは、心身に障害がある人に対して、日常生活用具を給付または貸与する事業です。重度身体障害者日常生活用具給付等事業、老人日常生活用具給付等事業などがあります。用具の品目が介護保険の福祉用具と重複する場合は、介護保険が適用されます。
能力障害
能力障害とは、1980年のWHO「国際障害分類」では、能力障害を「人間として正常とみなされる方法や範囲で活動していく能力の(機能障害に起因する)なんらかの制限や欠如である」と定義しています。能力障害は機能障害の結果として起こるもので、食事や排泄、歩行、家事、身体運動、コミュニケーションなどがスムーズにできないことをいいます。

  • まずはお気軽にご相談下さい
  • スタッフの声
  • 求人のご案内
  • メールフォーム

ページトップへ