訪問介護ならケアサービスあうわ 介護、福祉に関する用語集 > 児童福祉に関する用語集 > サ行 - 1

介護、福祉に関する用語集

サ行


在宅重症心身障害児(者)訪問指導
在宅重症心身障害児(者)訪問指導とは、心身に重い障害を持つ児童(者)の自宅を訪問して、本人及び家族に適切なアドバイスや指導を行なうことです。主な指導内容は、生活指導や、家庭環境の改善、療育に必要な技術指導などです。訪問指導に際しては、児童相談所や福祉事務所、身体障害者更正相談所、知的障害者更正相談所などの関係機関との連携が必要とされ、そのため連絡協議会が設置されています。
在宅重度障害児集団療育事業
在宅重度障害児集団療育事業とは、心身に重い障害を持つ児童(者)及びその家族を短期的に施設に入所させ、医師や看護師、保育士などの療育スタッフが直接指導する事業です。おもな事業には、障害児童(者)の日常生活の基本的動作の指導や、機能回復訓練、家族に対しては育成に関する指導、訓練技術の指導などがあります。
在宅障害児指導事業
在宅障害児指導事業とは、在宅の知的障害児、肢体不自由児などに対して、専門的なアドバイスをするため、地域をバスで巡回するる事業です。バスには障害の診断・判定、指導に必要な機器が配備されていて医師や看護師、児童福祉司、臨床検査技師などの専門スタッフが診断、指導、アドバイスを行ないます。
在宅心身障害児療育研修事業
研修事業には2種類あります。ひとつは在宅心身障害児(者)の家族を対象として、家庭での心身障害児の療育を目的に専門スタッフが講義や実技指導などの研修を行なうものです。もうひとつは、在宅心身障害児(者)をサポートするボランティアを対象にして、心身障害児の療育に必要な知識を専門スタッフが講義したり、実技指導や施設での研修を行なったりする事業です。
在宅心身障害児(者)療育事業
在宅心身障害児(者)療育事業とは、在宅心身障害児(者)及びその保護者や家族をはじめ、関連施設で働く職員を対象に行う療育事業の総称。具体的には、在宅心身障害児(者)療育相談事業、在宅心身障害児(者)療育指導誌刊行は言う事業、在宅心身障害児療育研修事業、在宅重度障害児集団療育事業、知的障害児(者)育成指導放送事業などを言います。
在宅心身障害児(者)療育指導誌刊行配布事業
在宅心身障害児(者)療育指導誌刊行配布事業とは、在宅の重症心身障害児(者)、知的障害児(者)、その他の心身障害児(者)の保護者や家族をおもな対象者として、療育に関する指導誌を作成し、これを無料で配布する事業です。作成・配布は、原則として全国心身障害児福祉財団が行います。
在宅心身障害児(者)療育相談事業
在宅心身障害児(者)療育相談事業とは、在宅心身障害児(者)及び、その家族に対して療育に関する各種の相談受付や指導を行なう事業です。
里親(里親制度)
里親とは、保護者がいない、あるいは保護者の監視が不適格と認められる家庭の児童を、一時的あるいは長期的に預かり療育する者をいいます。里親には「療育里親」・「親族里親」・「短期里親」・「専門里親」の4種類があり、それぞれの里親を希望するものの中から、適当と認められる者を都道府県知事が認定します。
里親促進事業
里親促進事業とは、里親制度の円滑な運営及び促進を図るための事業をいいます。具体的には、里親を希望する者を訪問して希望や意見の聴取をはじめ、預ける児童の状態説明、里親の手続きなどの説明や指導、里親と預ける児童とを対面させて双方の意見調整を図ることなどの活動が行われています。

ページトップへ