訪問介護ならケアサービスあうわ 介護、福祉に関する用語集 > 児童福祉に関する用語集 > ハ行 - 3

介護、福祉に関する用語集

ハ行


母子福祉センター
母子福祉センターとは、母子福祉施設のひとつで、母子家庭の母、その児童(20歳未満)、寡婦の心身の健康維持及び生活向上の促進を目的とした施設です。利用料金は低額あるいは無料であり、各種の相談に応じるほか、日常生活や生業などの指導を行います。
母子保健
母子保健とは、母と乳幼児の健康維持、増進を促進するために行なわれる保健活動を言います。母子保健事業には、妊産婦やその配偶者、幼児の保護者に対する保健指導、新生児・妊産婦への訪問指導、両親学級の開催、育児相談などがあります。
母子保健計画
母子保健計画とは、地域の母子保健の向上を図るとともに、児童の福祉を保護するために、市町村が策定する様々な母子保健計画をいいます。母子保健計画は、市町村に設けられた母子保健連絡協議会が策定します。なお、現在ではすべての市町村で母子保健計画が策定されています。
母子保健法
母子保健法とは、母性及び乳幼児の健康保持、増進を図るための保健指導健康診査、医療その他の措置を講じ、これによって国民健康の向上への寄与を目的に、1966年(昭和41年)に施行された法律です。母子保健法では、保健指導、健康診査、母子健康手帳の交付、療育医療などが定められています。
母体保護法
母体保護法とは、不妊手術及び人工妊娠中絶に関する事項を定め、これによって母体の生命保険を保護することを目的に、1948年(昭和23年)により施行された法律です。1966年(昭和41年)「優生保護法」から改称された際に、人工妊娠中絶の対象から遺伝性疾患を理由とするものが取り除かれ、旧法の中に含まれていた優生思想が排除されました。
保・幼一元化
保・幼一元化とは、保育所と幼稚園の2種類を、一元化しようとする動きのことをいいます。でも現状は監督省庁の違いや、保育士と幼稚園教論の資格、保育時間、保育年齢などについては異なる点が多く、一元化への道は模索中というのが現状です。

  • まずはお気軽にご相談下さい
  • スタッフの声
  • 求人のご案内
  • メールフォーム

ページトップへ